紫外線は正しく浴びることでたくさんのメリットを得られます

紫外線は正しく浴びることでたくさんのメリットを得られます

私達の生活と常に隣り合わせの紫外線、日焼け止めなどで対策しますよね。

 

特に女性の方は紫外線を嫌っている方が多いですが、本当に私達は紫外線について詳しく理解できているのでしょうか?
紫外線は正しく浴びることでたくさんのメリットを得ることができるのです。

 

紫外線は実は3種類ある?各紫外線を浴びる事で起こるデメリット

 

紫外線とは、太陽から受ける日射で可視光線より波長の短いもののことを指します。
波長の長い方から紫外線A波、紫外線B波、紫外線C波と分けられています。

 

紫外線A波は皮膚の奥にまで届いてしまう紫外線なため、コラーゲンを破壊してしまいます。ちなみに、ガラス越しでも届いてしまうほど強力です。

 

紫外線B波はA波ほどの波長は無いですが、肌の皮膚に影響を与えてしまう紫外線なため、皮膚がんの可能性が高まると言われています。そして紫外線C波はオゾン層に吸収されて地上に届くことはないので、この中でも最も安全だと言えるでしょう。

 

紫外線を浴びることで得られるメリットって?

 

紫外線と聞くと、どうしてもマイナスイメージを持ってしまいますよね。
ですが、紫外線にもさまざまなメリットが存在することをご存知でしょうか?

 

私達は普段何気なく太陽の光を浴びていますが、それによって体内時計を正常化し、食欲や気分、睡眠などの生体リズムを整えられています。

 

 

また、新陳代謝や血行促進、そして免疫力を高める効果もあります。
更に脳内物質の分泌を促進する効果もあると思われ、うつ病など精神病の治療にも日光浴が取り入れられています。

 

そして人体の発育に欠かせないのも、紫外線です。

 

紫外線とビタミンD

 

さて、紫外線を浴びることによってさまざまなメリットが得られるということは説明しました。
それ以上に、人間にとって必要不可欠な役割が紫外線にはあります。

 

それは、ビタミンD3の生成です。

 

皮膚が紫外線を浴びることで動物の体内にはとある物質が生まれます。それが、活性型ビタミンD、つまりビタミン3Dです。
先ほどメリットで、人体の発育に紫外線は欠かせないと説明しましたが、それとこのビタミン3Dの生成が関わっています。

 

ビタミン3Dはカルシウムの効率を高める働きを多くもっているため、代謝や骨の形成などに影響しています。

 

 

サプリメントや食品で摂取しようとしても、
血中のビタミンD濃度を正常に保てないとの報告が出ているため、
サプリメントや食事だけでは対策出来ません。

 

 

紫外線を避けてばかりですと、体にあまり良くありません。

 

成長期の子供に外で遊ぶようにと促すのも、発育のためだったんです。
ただ、日焼けをしすぎると水ぶくれなどができることもあるので、注意が必要です。

 

正しく紫外線を浴びよう

 

人間には日光浴も必要だということが分かりましたが、
やはり必要以上に浴びるのは好ましくありません。

 

 

必要なビタミン3Dの生成するために、
日光浴をしなくてはなりませんが、全身浴びる必要はありません。

 

一日ハガキ一枚分に値する面積の皮膚に10分間浴びるだけで大丈夫です。
足でも手でも顔でも皮膚ハガキ一枚分であればどこでもいいです。

 

 

最も大事なのは時間帯で、朝日が昇ってから午前9時の間が一番効果的です。
朝起きて、10分だけ暇な時間を作り、日光浴をする習慣をつけると体内時計も正常になり、生活リズムも整うので、とても気持ちの良い一日を過ごせます。

 

 

妊娠中や授乳期の女性は特に、赤ちゃんにビタミンD3を与えなければなりません。
より日光浴を習慣付ける事が大切です。

 

 

但し、食物などからも摂取する際は、ビタミンDの過剰摂取によって悪影響が出る可能性もあります。
紫外線のメリットを上手く利用して、紫外線と長く付き合っていくようにしましょう。