キミエホワイトプラスはニキビ予防にも良い

キミエホワイトプラスはニキビ予防にも良い

大人ニキビを改善するに当たり、化粧水や美容液、クリーム、サプリといった化粧品の使用は必須です。

 

しかし、ただ化粧品を使っていれば良いわけではなく、ニキビに効く成分がしっかりと配合されていなければ意味がありません。自分のニキビの状態や肌質に合わせて使用する化粧品を選び、尚且つ美容成分や保湿成分が含まれていれば症状の悪化を食い止めることができます。キミエホワイトプラスをおすすめするのもそのためです。

 

どんなコスメアイテムでも塗り薬や内服薬のような大きな効果は期待できないものの、外側からのスキンケアで症状の進行を防ぐことは十分に可能なのです。そこで、どのような成分がニキビに効くのか下記ではご紹介しているので、化粧品選びの参考にしてみてください。

 

  • ビタミンC誘導体:「余分な皮脂の分泌を抑える」「ニキビ跡が赤く残るのを防ぐ」「肌の老化を引き起こす活性酸素を抑える」「コラーゲンの生成を促す」
  • グリチルリチン酸ジカリウム:「甘草(カンゾウ)と呼ばれる植物の根や茎から抽出されている」「鎮静作用や抗炎症作用を持っている」「肌への刺激が比較的少ない」
  • プラセンタ:「肌のハリを取り戻してくれる」「クレータータイプのニキビ跡に効果的」「メラニン色素の発生を抑えてシミを予防する」
  • セラミド:「水分を蓄えて肌を保湿する」「角質層の乾燥を防ぐ」「肌のバリア機能を高める」
  • パントテン酸:「ビタミンCの働きを高める」「エネルギーの代謝を高める」「ニキビによるシミに効果的」
  • ハイドロキノン:「シミを作り出すメラノサイトの数を減らす」「既に形成されたシミを除去する」
  • グルコール酸:「ピーリング剤として使われている成分」「細胞の角質同士の接着を緩める」「肌にとって不要な角質を除去する」

 

上記のような成分が含まれた化粧品を使ってスキンケアを行っていれば、ニキビの数を減らしたり症状の悪化を防いだりできます。特に、大人ニキビに関しては保湿を重点的に行わなければならず、乾燥によって肌のバリア機能が破壊されてニキビや吹き出物で悩んでいるケースは少なくありません。そのため、ヒアルロン酸やセラミドといった保湿成分が含まれた化粧水や美容液を洗顔の後に使用し、潤いを与えてあげるスキンケアが実に効果的です。

 

ただし、脂性肌の人は特にアルコールやオイル成分に注意しなければならず、アクネ菌の栄養になってニキビの悪化が早まります。美容成分や保湿成分が配合されているかどうかだけではなく、オイルフリーやアルコールフリーの化粧品を薬局や通販で購入しましょう。

 

キミエホワイトプラスにも2つ入っているので、ぜひお試しください。