キミエホワイトプラスのL-システインとはどんな働きがあるの?

キミエホワイトプラスのL-システインとはどんな働きがあるの?

Lーシステインという成分、最近、よく目にするようになりました。

 

サプリメントや化粧水などに含まれている事が多く、CMなどで聞いた事があるかもしれません。
キミエホワイトプラスにも使用されています。

 

 

L-システインは、アミノ酸の1つです。

 

アミノ酸は体を作り上げる栄養素です。
その1つであるL-システインは皮膚や髪、そして爪を作る時に補助となる大切な働きをします。

 

 

L-システインにはどんな美容効果があるのでしょう?

 

 

L-システインは、皮膚を作る働きに大きく関係する事から肌に関連した効果がある事がわかります。
では、肌への効果と言うと…。美白効果です。

 

まず、シミが出来てしまう時には、紫外線や摩擦などによりメラニンが作られます。
メラニンはシミや黒ずみの原因となります。

 

L-システインはメラニンが生成されるのを抑制する働きがあります。

 

また、角質層にある余分なメラニンを排出する働きもあります。

 

 

角質層にメラニンが溜まってしまうとそれもまたシミの原因となります。
L-システインは、メラニンの肌への影響に大きな働きかけをしてくれます。

 

更に、肌の乾燥を防いだり弾力を与える働きをする成分としてコラーゲンがあります。
そのコラーゲンが作られる時にL-システインは、やはり助ける働きをしてくれます。

 

L-システインは肌の美白や潤いの為に、大切な働きをします。
キミエホワイトプラスが肌に良いのはL-システインのおかげでもあります。

 

L-システインは、どんなものに含まれているの?

 

L-システインという成分は、食物に含まれていません。
ですが、メチオニンというアミノ酸が合成される事で作られます。

 

と言う事はメチオニンが含まれている食物を食べれば、L-システインを摂る事が出来るのです。

 

メチオニンは、アミノ酸なのでタンパク質です。
タンパク質が豊富な物というと、肉や魚類です。

 

特に赤みや青魚はメチオニンが多く含まれています。
それから、アーモンドやクルミなどのナッツ類もおすすめです。

 

肉や魚には劣るものの、良質なタンパク質だと言えます。
それからもう1つ、タンパク質とは関係していないと思える野菜類。

 

でも、これも実はおすすめなんです。

 

タンパク質は吸収率が悪いと言われています。

 

そこで、
野菜に含まれているビタミンCがその吸収率アップさせる効果があります。
特に色鮮やかな緑黄色野菜がおすすめです。

 

 

パプリカ、ブロッコリーが良いでしょう。
バランス良く食べる事で、効果が何倍にもアップします。

 

L-システインは、どんなものに使われているの?

 

 

L-システイン配合の美白製品が多く出回っています。
美白化粧品、そしてキミエホワイトもといった美白・美肌サプリメントによく使用されています。

 

 

美白効果を謳った化粧水や美容液には、
L-システイン配合となっているものが多く見られるようになりました。

 

 

最近では、L-システインに育毛効果もある事がわかり、
育毛剤に配合されている事もあります。

 

 

二日酔いや疲労回復などの健康効果も期待されています。

 

 

L-システインはキミエホワイトプラスの成分で大きな役割を果たしています。

 

 

キミエホワイトプラスの口コミと効果の真実