ビタミンCが効率よく摂取できる美肌サラダ

ビタミンCが効率よく摂取できる美肌サラダ

美肌にはビタミンCをしっかりと補うことが大切です。

 

キミエホワイトプラスにもビタミンCは含まれていますが、今回はサラダで効率良く摂取する方法を紹介します。

 

積極的にビタミンCを多く含む食材を毎日の食生活に取り入れることがポイントです。

 

夏野菜とフルーツをたっぷり使ったサラダはビタミンCが効率よく摂取できる美肌サラダです。
カラフルな色合いが特徴のパプリカはビタミンCが全体的に含まれている野菜です。

 

パプリカのなかでも特に赤色と黄色にはその含有量が多く含まれています。

 

1日に必要なビタミンCがこの赤色パプリカ、黄色パプリカ各とも3分の1個摂ることで1日に必要とされている量を補うことができるほどです。
生でも火を通しても食べられるパプリカは調理の幅も広くさまざまなサラダを楽しむことができます。
生パプリカを使ったヨーグルトサラダは簡単に作ることができるメニューです。

 

美白効果も期待できるトマトや腸内環境を整えてくれるヨーグルトを使って作ります。
トマト半分に対してパプリカは6分の1個です。
ドレッシングはヨーグルト大さじ3杯に対し、マヨネーズ、はちみつ各小さじ1杯です。

 

ヨーグルト、マヨネーズ、はちみつをよく混ぜあわせそこにカットしたトマトとパプリカを加え軽くあえれば完成です。
常にストックとしてパプリカを食べたい人にもおすすめなのがパプリカで作るマリネです。
低カロリーなマリネはダイエット中のメニューにも最適です。

 

パプリカ3個をカットし、オリーブオイル大さじ1杯、酢大さじ1杯、塩が小さじ4分の1、こしょう少々のマリネ液につけます。
容器にまとめて作って冷蔵庫に入れておけばいつでも食べることができます。
果物では柚子が効果的です。

 

柚子の果肉部分もそうですが皮の部分もビタミンCが豊富に含まれています。
ですから食べるときは果肉部分だけでなく皮にも注目してマーマレードのジャムにしたりピールにするなどして捨てずに皮の部分を使います。
普段のサラダに柚子の皮の千切りを加えるのもおすすめです。

 

ドレッシングづくりに利用するレモン汁を柚子汁としても余すことなく有効に活用できます。
ポテトサラダに使うことも柚子の皮の香りがよいアクセントとして楽しことができます。

 

そのほかにもゴーヤやレンコン、ブロッコリーやレッドキャベツ、ピーマン、パセリ、イチゴやキウイ、グレープフルーツなど美肌のポイントなるサラダはたくさんあります。
夏野菜のゴーヤやトマトを健康や美容に有効なオイルで炒めたサラダも野菜のもつ有効成分を最大限に引き出すことができます。
熱に壊れやすい成分でもありますが、ゴーヤは過熱に強い性質をもつのが特徴です。

 

ですから炒めるなどの熱を加えても栄養素を壊す心配がありません。
逆にレッドキャベツの調理には熱を控えることがよいです。

 

レッドキャベツは茹でたり炒めたりなど熱を加えることで成分のアントシアニンが水に溶け出しまいます。
そのため調理の際は生の状態で頂くことが栄養素を壊さないコツです。

 

サラダなどで生のままそのまま食べるが最適です。